もうダメだと思ったときに読むブログ

起業して失敗した僕は立ち直った

幸せになりたい人へ - 幸せになるとは、幸せを感じるようになること

更新日:

周囲を見渡すと、いつも幸せそうにしている人と、そうでない人がいる。

そうでない人の側からみると、いつも幸せそうにしている人が羨ましくなる。

そして、こう思うものだ。

「自分も幸せになりたい。」

 

はじめに にも書いた通り、僕は起業に失敗して人生のどん底を味わった。

お金も、仕事も、友人も、住むところも、恋人も、何もかも失った。唯一残ったのは、実家の両親くらいだった。

ちょうどそのころ、僕の友人たちは着実に人生の駒を進めていた。

会社の中で順調に昇給し、結婚し、家を買っていた。傍から見れば、彼らは幸せそのものに見えた。

そんな友人たちに比べると、その頃の僕は本当にみじめだった。

こんなことは言いたくないけれど、正直僕は彼らの事をとてもうらやましく感じた。

そして、お金だとか、仕事だとか、名声だとか、すでに失ったものや、手に入れようとしていたものに対して、「それがあれば僕も幸せなのに」と毎日ぼんやり考えていた。

○○なら幸せの罠

「○○があれば幸せなのに」と考えていた僕は、まったく幸せじゃなかった。

それもそうだろう。「○○があれば幸せなのに」と考えているから、頭の中には常に不幸な自分がいたし、お金がない、仕事が無い、住む場所が無い、といった欠乏感を常日頃感じざるを得なかった。

おそらく、多くの人が僕と同じように考えたことがあると思う。あるいは、今もそう考えているかもしれない。「○○があれば幸せなのに」とか「○○なら幸せなのに」とか。

でも、考えなきゃいけない。

本当に、それが無いと幸せじゃないのか?

外から与えられるものに幸せはない

僕を含めて多くの人は、幸せは外から与えられるという誤解にはまっている。

  • いい大学に入れれば幸せだ
  • いい会社に就職できたら幸せだ
  • 収入が増えれば幸せだ
  • 結婚できたら幸せだ
  • 病気が治ったら幸せだ

と、考えたことはないだろうか?自分がいま持っていないもの、あるいは実現できていないことに対し、それがあれば幸せ、それが実現されれば幸せ、と考えたことはないだろうか?

こういうのが、幸せを外に求めている典型的な例だ。このように考えている人は、何かを得ないと、幸せでないと考えてしまっている。

だだし、こう考えている限り、残念ながら君は幸せになることはない。

幸せになりたかったら、幸せを感じるようになるべきだ

幸せは、自分の内面で感じる感情だ。

「○○なら幸せだ」の○○の部分は、幸せとは全く関係がない。

たとえば、同じ状況に置かれた時、幸せだと感じる人がいる一方で、幸せじゃないと感じる人がいるだろう。

第一希望の会社に就職できなかったけれど幸せ、自分の理想の職業じゃないけど幸せ、収入は上がらないけれど幸せ、欲しいものが手に入らないけれど幸せ、

と、考える人がいる一方で、いつまでもずっと

第一希望の会社に就職できれば幸せだった、自分の理想の職業に就ければ幸せだった、収入が上がれば幸せだ、欲しいものが手に入れば幸せだ、

と、考える人がいる。

何が言いたいかと言うと、幸せはその人の考え方、思い方で決まるということだ。

自分が幸せだと思えば幸せだし、幸せじゃないと思えば幸せじゃない。

欲しいものが手に入ったとか、なりたい職業につけたとか、収入が上がったとか、そういうことは全く関係ない。

だから、どんな状態にあったとしても、そこで幸せだと感じるべきだ。幸せになりたいなら、幸せと感じられるように考え方を変えるべきなのだ。

幸せを感じられるようになるためには

もしかしたら君はいま、充分な収入が得られてない、病気が治らない、恋人が見つからない、そういったことで苦しい思いをしているかもしれない。

だけど、一方で昨日質素ながらも食事をとることができただろう、いまインターネットに接続できる環境にいるだろう、このブログを読む日本語の知識があるだろう、道行く人の笑顔をみただろう、窓の外の陽の光を感じただろう。

幸せを感じられる要素は、身の回りにどこにでもある。

こういう何でもない小さいことにアンテナを張り巡らせて幸せを感じてみるべきだ。

できれば、そういったことに対して感謝してみるといい。

(参考) 「すでにある」ということに気づけば、人生は豊かで幸せになる

すると、やがて「なんかよくわからないけれどいい気分がする」と、いう状態になっていくはずだ。

そういう状態になれれば、もはや「○○なら幸せ」の○○の部分は幸せとなんら関係がないことがわかるようになってくるだろう。

まとめ

幸せになるということは、幸せを感じられるようになることだ。

いい会社に就職できれば幸せ、高い収入を得られれば幸せ、結婚できれば幸せ、病気が治れば幸せ、と考えている人もいると思うけれど、「○○なら幸せ」の○○の部分は幸せとは関係ない。

理想的な会社に就職できなかったけれど幸せ、大した収入は得られていないけれど幸せ、結婚してないけれど幸せ、病気の治療中だけど幸せ、と、いうように、どんな状況に置かれていても、幸せを感じられるようになれば、君は幸せになる。

そのためには、身の回りのある些細なことにアンテナを張り巡らせて幸せを感じ取ってみよう。

人の笑顔をみたとか、暖かな陽の光を感じたとか、そういったレベルでいい。

そういうことに幸せを感じる習慣をつけると、どんなことについても幸せを感じられるようになるだろう。

そのとき、もはや「○○なら幸せだ」の○○の部分は、幸せとなんら関係が無いことに気が付くはずだ。

 

 

 

 

-心と健康
-,

Copyright© 起業して失敗した僕は立ち直った , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.